2010年05月24日

水島信金職員、1億円超着服=発覚後連絡取れず―岡山(時事通信)

 水島信用金庫(岡山県倉敷市)は21日、男性職員(44)が顧客の預金約1億1300万円を着服していたと発表した。職員は着服が発覚した4月27日から連絡が取れなくなっている。同信金は職員を懲戒解雇した。県警水島署に業務上横領容疑で告訴する方針。
 同信金によると、職員は福田支店(同市)で渉外係長だった2008年12月から今年3月、29回にわたり顧客14人(個人12人、法人2社)の定期預金の中途解約や普通預金の払い戻しをし、1回につき50万〜1000万円を着服。顧客には「金利の良いものに切り替えさせてもらう」などと資産運用を装い書類に署名・なつ印させていた。顧客1人当たりの被害額は最高で約3000万円だった。 

【関連ニュース】
建設会社で2億横領か=容疑の元社員逮捕
イベント経費1230万円横領=職員懲戒免職、告訴へ
元管理事務所長を逮捕=回数券着服、2億円相当か
三セク元所長逮捕へ=回数券着服、被害2億円か
元公認会計士を逮捕=ファンドから30億横領容疑-FXに使う・警視庁

小沢幹事長不起訴へ…石川議員「了承得た」(読売新聞)
履歴書で捜索願?養女なのに1枚もなかった顔写真…大阪・ポリ袋死体遺棄事件(スポーツ報知)
<山崎飛行士>鳩山首相を表敬訪問(毎日新聞)
JR西、新型車両を公開=安全性重視の構造―福知山線事故の教訓生かす(時事通信)
進退には触れず=民主・小林議員(時事通信)
posted by サガワ イサオ at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

活気づく図鑑市場 「楽しく」「勉強になる」を1冊で(産経新聞)

 子供向けの図鑑がおもしろい。ウミガメやジュゴンなどを「実物大」の写真で紹介したり、小学生と世界最大の動物、シロナガスクジラを「比べる」など、アイデアを凝らした図鑑が次々登場。大人から就学前の小さな子供まで人気を集める図鑑は「楽しく」「勉強になる」、そして「お得感」がキーワードのようだ。(岸本佳子)

  [フォト]子供も大人も「チリモン」ブーム 手軽に生き物観察

 ◆実物大の驚き

 3月発売の『ほんとのおおきさ水族館』(小宮輝之監修、学研教育出版)。水中の生き物を本物そのままの大きさで収める。

 折り畳まれたページを開くと、全長約90センチのメガネモチノウオの姿。シャチは、さすがに入りきらないので顔の部分のみ。それでも、子供の指より太い歯やつやつやしたピンクの舌など、手に取るようによく分かる。セイウチも、50センチ以上ありそうな長い2本の牙ののぞく顔の部分をそのまま収録した。写真絵本のようでもある。

 『水族館』は『ほんとのおおきさ』シリーズの3作目。刊行の発端は、同社図鑑・百科編集室の西川寛さんが動物園を訪れた際、キリンの顔を間近で見て鼻息まで吹きかけられ、仰天したことだった。「この体験を絵本の形にできないか」と考え、一昨年、第1作の『ほんとのおおきさ動物園』を出版。「実物大で見せるアイデアに驚いた」など反響が大きく、海外でも5カ国語に翻訳され、アメリカでは半年間で10万部を超える大ヒットとなった。

 「電子書籍などがはやっていますが、この企画は紙の本でないとできない」と西川さん。1、2歳の乳幼児も喜んで見たり、お父さんやおじいさんが読み聞かせに活用しているという。

 ◆比べて楽しむ

 昨年話題となった図鑑が『小学館の図鑑NEO+ぷらす くらべる図鑑』。昨年7月に発売、現在まで8刷り54万部に達している。「1年以内でこれだけの数字というのは異例の動き」と同書担当の小学館出版局、廣野篤さんも驚く。特徴はその名の通り、何でも比較して楽しみながら読めるような工夫。アフリカゾウと小学生の体重、世界で一番高い樹木と大阪の通天閣、ヒトと、サル、ブタ、ヤギといった動物の歯も比べてしまう。

 「『この生き物は何メートルです』というだけでは、その前を通り過ぎてしまう。何かと比べることで『こんなに大きいのか』と見えてくる」と廣野さん。「意外なものを並べているので驚いたり笑ったり。雑学的に肩ひじ張らずに読めて、役に立つ。そんなところがよかったのかもしれません」

 1冊にさまざまな要素が盛り込まれた“お得感”も売れ行きを伸ばすポイントとみるのは、ジュンク堂書店大阪本店(大阪市北区)児童書担当、米谷薫さん。従来のセット売りの図鑑は「金額的なこともありますが、『置く場所がない』という声も聞きます」。1冊で楽しめて勉強にもなる図鑑に注目が集まっているという。

 ■需要は春先、クリスマスプレゼントにも

 図鑑の需要が高まるのは、入学進学前の春先と、夏休みの自由研究などで子供たちが必要に迫られる7、8月。また、1冊で楽しめる図鑑の登場で、「クリスマスプレゼントとしてもよく売れました」(ジュンク堂書店大阪本店の米谷さん)という。『ほんとのおおきさ』シリーズや『くらべる図鑑』のほか、衣食住の基本が学べる『せいかつの図鑑』(小学館)、地球や自然のことから文化、歴史まで盛り込んだ『こども大図鑑』(河出書房新社)なども人気だという。

【関連記事】
20世紀“大阪”少年…ここはタイムマシンの秘密基地
好奇心や探究心をどう育てる? しつけにも「我が家流」の視点を
「歌とリズムに乗せて仙台の魅力伝えたい」 美少女図鑑から音楽ユニットデビュー
「とちぎの魚図鑑」出版 栃木・県なかがわ水遊園
人気女子アナで“副収入” 放送局側が注目

強盗被害の民家隣でまた緊縛強盗 栃木・小山(産経新聞)
転落 ホテルの見晴らし台崩れ7人重軽傷 山梨・富士吉田(毎日新聞)
ワンコイン英語塾人気 “苦学”同志社大留学生「500円、学費の足しに」(産経新聞)
産廃業者が資産隠し8400万円、2人を逮捕 大阪地検(産経新聞)
環太平洋FTAへ拡大会合=来月札幌で―日本もオブザーバー参加(時事通信)
posted by サガワ イサオ at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。